FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<シリア>米が反体制派を支援…米欧メディア相次いで報道



今日も頑張ろう(*゚▽゚*)

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアの反体制派に対して、米国が武器の輸送支援や戦闘員の訓練など間接的な軍事支援を始めたと米欧メディアが相次いで報じている。米国は反体制派が強く求める武器供与には、イスラム過激派への流出を懸念して慎重姿勢を崩していない。だが反体制派内でイスラム過激派が伸長する中、間接支援で反体制派への影響力保持を模索している可能性がある。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、米中央情報局(CIA)が反体制派への武器輸送を支援していると報じた。武器はサウジアラビアやカタールが東欧のクロアチアなどで調達し、トルコやヨルダンを経由して反体制派に渡っているとみられる。輸送は昨年11月の米大統領選後に活発化したという。

 米国の関与について同紙は「航空機へのテロ攻撃に使用可能な地対空ミサイルなどがイスラム過激派に渡らないよう、一定の影響力を行使する狙いがある」という元米当局者の見方を伝えている。

 一方、英紙ガーディアンや米CNNテレビは、シリアの隣国ヨルダンで米英仏の指導員がシリア反体制派戦闘員を訓練していると報じた。対戦車・対空兵器の操作方法を習得し、一部はシリアの戦場に戻ったという。指導員が当局者か民間軍事会社の社員かは不明。

 米国は2月にローマで開かれた反体制派支援会合で、反体制派に食糧や医薬品を提供すると発表したが、武器供与は拒否。一時は武器供与に前向きだった英仏も再び慎重姿勢に戻り、反体制派からは反発も出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000081-mai-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。