スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSSだけがビッグデータの課題を解決できる - Red Hatのソリューション戦略




おつかれさまでm(_ _)m

レッドハットは28日、ビッグデータに関する方針とビッグデータ分析のワークロードを効率的に実行するためのソリューションを発表した。同ソリューションの一つである「Red Hat Storage」のHadoopプラグインをApache Hadoopオープンコミュニティに提供を行うとしている。



発表会ではレッドハット株式会社 常務執行役員 製品・ソリューション事業統括本部長 纐纈昌嗣氏と、レッドハット株式会社 マーケティング本部部長 中井雅也氏が登壇した。

纐纈氏は、「OSS(オープンソース)はジェネリック医薬品のようなモノ」とオープンソースの位置づけを紹介した上で、「OSSだけが真のビッグデータの課題を解決可能」とオープンソースを活用したビッグデータソリューションの有益さを強調した。

同社は非構造化データに注目。多くの企業はビッグデータプロジェクトの開発、概念の実証、および本稼働前の各フェーズで、Amazon Web Servicesなどのパブリッククラウドインフラストラクチャを使用し、より大きなデータセットを使用し分析を拡大するために、ワークロードをプライベートクラウドに移行する。

同社が推奨するオープンハイブリッドクラウド環境により、企業はアプリケーションを作り直すことなく、パブリッククラウドから自社のプライベートクラウドにワークロードを移行することができる。

また、ビッグデータ戦略を進めていくにあたって、パートナーであるエコシステムの強化を図っていくとしており、現在レッドハットの製品を扱っている企業はCTC/SCSK/HPの3社だが、それらを今年中に10社程度にし、レッドハットのビッグデータソリューションをユーザへ提供していきたいとしている。

同社は、ビッグデータソリューションのカギに「Red Hat Storage」/「JBoss Data Grid」/「Red Hat Storage」の3つの新ソリューションを用意。

「Red Hat Storage」は、Red Hat Enterprise Linuxと、GlusterFS分散ファイルシステムを基盤とするRed Hat Storage Serverを使用し、安価な市販サーバのプールを作成し、コスト効率、スケーラビリティ、および信頼性を備えたビッグデータ用のストレージソリューション。

「JBoss Enterprise Data Services」は既存DBやHadoopと連携できるデータ仮想化基盤で、「JBoss Data Grid」は、スケールアウトNoSQLデータストアとデータグリッドの機能を有する。

これらを活用したオープンハイブリッドクラウドで、ユーザが抱えるビッグデータの課題を解決していき、2013年後半にRed Hat Storage HadoopプラグインをHadoopコミュニティに提供、Hadoopコミュニティと連携をしながら、企業にとって有益なビッグデータソリューションを提供していくとしている。

[マイナビニュース]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000014-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。