スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪大など、従来のアルツハイマー病の治療戦略を逆転させる新たな事実を発見

おつかれさまでm(_ _)m

大阪大学(阪大)は、同志社大学の協力を得て、アルツハイマー病を引き起こすと考えられている、病因物質のタンパク質「アミロイドβ42」ができる仕組みをつきとめ、さらに同物質を産生する酵素「γセクレターゼ」自身によって無毒化されることも明らかにしたと発表した。

成果は、阪大大学院 医学系研究科・情報統合医学講座(精神医学)の大河内正康講師らの研究グループによるもの。詳細はオープンアクセス誌「Cell Reports」に掲載された。

アルツハイマー病では脳内にアミロイドβ42が蓄積しており、これが病因の1つと考えられている。従来の見解では、アミロイドβ42はγセクレターゼによって作られる最終産物の1つだった(画像1)。

今回、このγセクレターゼ自身に、アミロイドβ42を分解する能力があることが発見された。この分解の結果、産生される「アミロイドβ38」はアルツハイマー病の原因物質ではない。

このことから、連続分解の途中で酵素からポロリと外れたアミロイドβ42が脳へ蓄積することがアルツハイマー病を発症させており、外れない場合には無毒化されることを示している。大河内講師らは、これまでの「『アミロイドβ42が最終産物である』という概念を一新する結果といえる」とした(画像2)。

これまでアルツハイマー病治療薬開発では、γセクレターゼを阻害する戦略がとられてきたが、今回の成果は、むしろそのγセクレターゼ作用を増大させることでアルツハイマー病を防ぐことができることを示唆している形だ。

この戦略でアルツハイマー病の根本治療薬開発が促進されると同時にアルツハイマー病発症メカニズム解明への新たな展開が期待されると、大河内講師らはコメントしている。

(デイビー日高)

[マイナビニュース]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000046-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



いつもありがとうございます

より良い情報をお届け致します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。