スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国外交部、「中国製偽薬がアフリカに大量流入」を否定

こんにちは (*゚▽゚*)

【新華網】中国で主に生産される偽薬がアフリカに大量に流入し、一部のアフリカ地域の公衆衛生と健康を脅かしているという国際専門家の警告について、中国外交部の華春瑩報道官は27日の記者会見で、「根拠のない言論だ」と述べ、これを否定した。



中国政府はアフリカ諸国と医療衛生分野で積極的に連携し、アフリカ人の健康とアフリカの医療衛星水準の向上に大きな役割を果たしてきた。

華報道官は、「中国は、アフリカの医療施設やマラリア予防・治療施設の建設を支援している。アフリカの国に医療チームを派遣し、医薬品と医療機器を提供して、医療関係者の交流と育成も行なっている。医薬品の安全も重視し、偽薬の生産販売を断固として取り締まっている。輸出医薬品の管理においては、国際的な原則と方法をとり、世界保健機関(WHO)の要求どおりに合格医薬品証明書を提示し、厳しい偽薬取締策を実施している」と説明、「外国の貿易業者が輸入ルートを規範化し、合法的な企業から医薬品を調達することを希望する」と述べた。

(翻訳 金慧/編集翻訳 伊藤亜美)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121228-00000034-xinhua-cn
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後までご覧きただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。