FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満で自己免疫病、仕組み解明=たんぱく質が原因か—東大



今日も頑張ろう(*゚▽゚*)

 肥満に伴い、免疫が自身を攻撃する自己免疫病が起きる仕組みを、宮崎徹東京大教授らの研究チームが突き止め、6日までに米科学誌セル・リポーツに発表した。肥満の人に甲状腺機能低下や不妊症などの自己免疫病が多いことは分かっていたが、仕組みが解明されたのは初めて。新たな治療法に結び付く可能性があるという。
 研究チームによると、肥満が進み血液中の脂肪酸が増えると、一部の免疫が活性化し異物に反応する抗体が過剰に増える。この抗体は体内のさまざまなたんぱく質を脾臓(ひぞう)に運んで異物として示し、脾臓は自身を攻撃する悪玉免疫細胞を作り出す。この際にたんぱく質「AIM」が重要な役割を担っていることが確認できた。 
 マウスの実験で、通常のマウスは抗体が脾臓に長期間取り付くのに、AIMを作れなくしたマウスでは抗体が脾臓に付いても短時間で壊れ、悪玉免疫細胞が増えないことが分かった。
 AIMは、本来肥満を抑える役割を担っているが、肥満が過度に進むと逆に糖尿病や動脈硬化を招くことが分かっている。AIMを抑える薬を開発すれば、こうした病気を治療できる可能性があるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000051-jij-sctch
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



いつもありがとうございます

より良い情報をお届け致します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。