FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広貫堂社長に飯田氏 2トップ体制で塩井氏は会長



今日も頑張ろう(*゚▽゚*)

 広貫堂(富山市梅沢町)は1日までに、飯田光孝最高執行役員(56)が社長に就き、塩井保彦社長兼最高経営責任者(58)が代表権のある会長に就くトップ人事を固めた。塩井氏は最高経営責任者、飯田氏は最高執行役員を継続。本年度から5カ年の新たな中期経営計画をスタートさせるに当たり、2トップ体制とする。6月24日に開く株主総会と取締役会で正式決定する。

 広貫堂は、2001年に社長に就いた塩井氏の下、配置薬製造卸主体の事業構造からの脱却を図ってきた。新しい中期経営計画で、配置薬直販やOTC(薬局・薬店向け)医薬品製造販売、医薬品製造受託などの新規事業をグローバル規模で成長させるため、経営体制を強化する。

 飯田氏は名古屋市出身、東京大工学部卒。自動車部品製造のフコク(本社・埼玉県)のタイ子会社などで社長を歴任し、工場の設立運営や外国企業との取引を得意とする。経営者の勉強会の講師を務めた縁で塩井氏と知り合い、12年1月にタイ広貫堂取締役。広貫堂執行役員グローバル事業部担当、上席執行役員経営戦略・グローバル事業担当を経て今月から最高執行役員に就いた。米国公認会計士。

 塩井氏は広貫堂グループ全体の経営責任を担い、海外経験豊富な飯田氏は広貫堂のグローバル化推進を図る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000770-kitanihon-l16
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



いつもありがとうございます

より良い情報をお届け致します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

vaiagura

Author:vaiagura
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。